· 

ブランド と アイコン

 

次世代MAZDA成功のカギは

色々な幹部が入れ替わり立ち替わり「ブランド力」の強化を語るMAZDAなのだから、おそらく当初から計画に盛り込まれているであろうけども、一時代を築いてきたブランドには、例外なく象徴的なアイコンがあった。メルセデスSL、アウディTT、プレリュード、NSX・・・。決してブランドの最量販モデルではないのだけど、とてつもない集客効果を生むスペシャルティカーはブランドの知名度アップに大きく貢献する。

 

アイコンなしに成功はない!?

90年代のホンダ、00年代のアウディ、10年代のメルセデスの復活。10年単位で区切るならばこの3つのブランドがその時代を象徴した。MAZDAが20年代の覇者になるためには、もうロータリーユニットを積んだスーパースポーツの登場の可能性は高いのではないか!?フラッグシップサルーンとは別に、個性的な2ドアモデルがカギになる・・・そんなことはMAZDA幹部も十分に承知しているはず。レクサスも2ドアモデルをブランディングの切り札になっている。

 

 

日本メーカーの無策ぶり

三菱、日産、ホンダの日本での商売はあまりにもユニークだ。正攻法を放棄。三菱は『メカ✖️クロスオーバー」で普段使いではオーバースペックなAWDをさらに機能化し「技術のゴリ押し」。ユーザーの多くは技術力にカネを払っているのでwin・winな関係だけども、MAZDAファンから見ると、あれはクルマか?って気分がしないでもないかも。機械式時計を愛好する人が、カシオのスマートウォッチを見て漏らす感想に近い!?アイコン不在という状況もなんだかカシオっぽいなー。

 

 

日産はセンスがオバさん

日産もなんだかアップルのスマートウォッチみたいなユビキタスなクルマを作ろうと必死になっている。おそらく幹部は、トヨタやマツダがやっている旧態依然のクルマ作りを「ダサい」と感じているのでは!?シルビア?そんなもんやってられるか!!トヨタが86を作っても黙って静観。GT-RとフェアレディZ以外のスポーツカーはいらない(とアメリカ市場が言っている)。カリスマデザイナー中村史郎さんが活躍していた頃はアイコン作りに躍起になっていたけど、退職された今はその反動を迎えている!?

 

 

スカイラインとは!?

スカイラインにプロパイロットの進化版が搭載されるらしい。はあ?日本向けにVR30を搭載する前に自動運転なんだねー。それならエルグランドで良くない!?ステアバイワイアはもうどーでもいいのか!? そもそもハンドリング、乗り心地、静粛性、安全性の4つを無理なく並列させるための最適なパッケージがセダンなのに、ハンドリングをもぎ取ってしまうのか・・・。

 

 

昔のホンダは偉大過ぎた

ホンダはシビックtypeRというアイコンにあまりパワーがない。もちろん唯一無二の存在なんですけど、90年代のホンダを牽引したプレリュードの「素朴さ」あるいはその次の世代のインテグラtypeRの「健気さ」と比べると、あまりに合理的過ぎてアイコンとしての特別な感情が湧かない。最初にづらづら挙げた歴代のアイコン的名車はどれもサーキット性能を追求したものではなく、ライフスタイル重視。ホンダに言わせればアイコンとして作ったわけではない!!なんだろうけど。

 

 

MAZDAがそれほど伸びない理由

MAZDAが21世紀まで生き残れたのも、かつて存在した偉大なるアイコンのおかげじゃないですかね。日本だけでなくアメリカ、欧州でも機能性・デザインが高く評価された3世代のRX-7の不在を今も払拭できていないなー。RX-8生産終了からもう7年も経った。これ以上のインターバルは熱烈なファンへの背信行為でしかない。

 

 

 

 スポーツカーとは限らない

今のMAZDAは「愚直」なのか「老獪」なのかちょっとわかりかねるけども、完成されたサーキット向けのピュアスポーツは、時代を変えるブランドアイコンにはなり得ない。・・・もはやピュアスポーツは多くの人々の欲望に火をつけるものではなくなっている。アストンマーティン・ヴァンテージの新型は完全にマーケットを見誤った感がある。

 

 

アメリカの弁護士ドラマに出てくる感じ

都市住民にとってはクルマなんてあってもなくてもいい存在だ。日々の生活が充実するであろう予感がする特別なモデルでない限りは無理に欲しいとも思わない。トヨタ・プリウスは売れ続けているけど、あのクルマには何かしらの「エッセンス」が練り込まれている。アグレッシブなエクステリア、ほどほどに押し出し感のあるサイズ、スマホの非接続充電などハイセンスなライフスタイルを演出するインテリア。

 

 

 MAZDAはプリウスをお手本に!!

「知的」なデザインのクラスターがそのままトヨタブランドのアイコンになっている。これはあ80年代90年代のMAZDAがペルソナやユーノスコスモでやろうとしていたことに繋がる!?MAZDAは今こそあの別世界のインテリアを作るべきではないのか!?2ドアのスペシャルティカーもいいけど、案外に現行プリウスみたいに物議を醸しつつもしっかりと支持される独特のデザインはMAZDAの得意技じゃないかなー。

 

 

 

 

 

最新投稿まとめブログ