· 

MAZDAは面白いが、他社は終わってる?

 

 

 

世の中が変わった・・・

「MAZDA と PORSCHE 以外はクルマじゃない!!」そんなインスピレーションからブログを書き始めてもう6年経ちました。今もその考えは基本的には変わらず。クルマはあくまでインフラに過ぎないので、特にメルセデスやトヨタ、BMW、スバルなどのポピュラーでクソつまらないメーカーを買う人を軽蔑したりはしてないですが(嘘)。

 

 

完璧に予想できた未来

予想よりも早く「MAZDA圧勝」の時代がやってきた。10年以上前からクルマの出来では圧勝なんですけど、その頃に「MAZDA圧勝」を叫んでみたところまあ失笑されるのがオチでしたが。その時に気がついたんだけど、カーメディアでさえもクルマの良し悪しなんてまるで理解できていないんだよな。その後にどーしようもなくつまらないカーメディアが次々と潰れ、輸入車大好き!!っていうバブルの価値観から脱却できなかったライターは当然ですが淘汰され、情報流通が完全にネット主体になったことでクルマの実力が正確にユーザーに伝わりやすくなった。

 

 

しかし予想以上かも・・・

何の作為もなく英国と米国の最大のカーメディアが出している「評価」を集計してみてもMAZDAが圧勝。USNCAPやユーロNCAPも10年前から安定してはいパフォーマスなのはMAZDAとHONDA。こうなって来ると、日本だけでなく世界もネットによって正確な自動車評価を把握できるようになって、年産200万台に満たない弱小メーカーでも、1000万台クラスの巨大グループと互角以上に商売できてしまう時代になった。ネット時代じゃなかったらテスラなんてあんな短期間で急成長はできなかっただろう。

 

 

MAZDA基準でブログを書く

このブログにおけるクルマの評価基準は・・・「どれだけMAZDA車に近いクルマに仕上がっているか!?」なので、常にMAZDAが最高の評価を受けることになるわけですが、要するに・・・そのクルマがMAZDAと比べて衝突安全性、静粛性、ハンドリング、ミッション、サスペンション(乗り心地)、エンジンなどの項目でどれほどのものか!?を基準にしてブログ書いてます(基準車がMAZDAなんで・・・)。

 

 

怒らないでねー

スゲー不本意なんですけど、そんな基準で測るとスバルとBMWが想像以上にスコアが低いんです。ちょっと「お熱」気味な人々を相手にするってのは失礼ですが、この2つのメーカーは観測値だけで評価するなら完全に「三流」でしかない。日本でこれ買う人いるのか!?ってレベルで低い評価ポイントもしばしばあります。MAZDAが幅を利かせるオーストラリアとかカナダで、ビーエムやスバルが売れるわけがない。

 

 

他とは違うんだよな

どのブランドにずっと乗っていたいですか!? ずっとトヨタ、ずっとレクサス、ずっと日産、ずっとスズキ、ずっとホンダ、ずっとダイハツ、ずっとスバル・・・日本メーカーだとしっくり来るのは、レクサスとホンダくらいじゃないですか!?それでも「ずっとMAZDA」の異常なほどハマる感じには勝てない。なぜなら・・・MAZDAとは、設計をとことん突き詰めたクルマを手頃な価格で提供する日本市場で唯一のブランドだから(異論は認めない)。

 

 

ヘイ・メルセデスは違う(俺的には)

公式ホームページでも、MAZDAは人生のあらゆる段階で「選ばれるクルマ」を目指していると書いている。他とはやっぱり違うんだよな。自動運転とか、ラゲッジスペースとか、カーナビとか・・・それよりもずっと先に来るものがあって、それをアピールできてこそ「自動車メーカー」と言える。

 

 

オモチャ屋さん

スバルやBMWは残念ながら本当に基礎的な課題から目をそらしている。「自動車メーカー」を名乗るのであれば、まずはミッションやサスペンションに生じる課題を放置してはいけない。メルセデスやレクサスはこの乗り味を決定づける2つのポイントとずっと向き合ってきた。そしてMAZDAはそんな2つのメーカーでさえも圧倒する立場にいる。たまにこれは何かの間違いではないか!?とすら思う。

 

 

ミッションがダメな縦置き・・・

MAZDA、メルセデス(FRだけ)、レクサスに乗っている人に言わせれば、スバル、BMW、アウディなどは「オモチャ」だ。最良を突き詰める必要を感じていないからダメな部分を平気で放置する。そして放置したことをなぜか「趣味性が高い」と言い換える。それで納得して買ってくれる信じられないマーケットが存在している。「オモチャ」が好きな人もいるのだろう。あくまでMAZDAを基準車とした話なので悪しからず。

 

 

MAZDAは哲学(宗教)・・・よく言ったもんだ

2019年になっていよいよカーメディアまでもが堂々と「MAZDA最強説」を唱えるようになってしまった。日本、英国、米国のメディアが新型MAZDA3がセグメントにおける「絶対的チャンピオン」であることを認め始めた。なんだか拍子抜けしてしまう。2002年のGGアテンザ以降のMAZDAはずっとセグメントの頂点だったのだけど、17年経ってやっと世の中が追いついてきた。

 

 

MAZDAだから好きなわけじゃねーって

これ読んでさ、「コイツは何を言っているんだ」って人もいるだろうけど、別にMAZDAのことが絶対的に好きだと言っている訳ではない。たまたまMAZDAが日本市場で一番良いクルマを作っているから絶賛しているだけだ。良いクルマだったらどこのメーカーのクルマでも好きになると思う。乗った瞬間にゾクゾクするようなクルマをスバルやビーエムが作ったなら喜んで絶賛する。

 

 

クルマすら語れない愚かなオッサン

「クルマごときによく夢中になれるよな」とかわざわざコメントしてくるクズもいるけどさ、今の時代ってなんつーか、ただただ科学的でありたいって思いませんか!? 書店に行くと、平積みされたタイトルをちょっと見るだけで頭痛くなる。「人生で大切なたった一つのこと」「嫌われる勇気」「大富豪からの手紙」「ブロックチェーンの仕組み」・・・非科学的で行動力低そうな人間をカモるための本ばかりが並んでいる。これじゃ書店は潰れる。そんな「恥ずかしい」タイトルならア○ゾンで買うだろーし。人工社会の闇だよな・・・とりあえず「騙して稼げ」って本ばかりなんだよ。もうコンビニの成人誌と一緒に全部撤去してくれねーか!?

 

 

バカなオッサンが嫌いな理由

「自動車」「鉱物」「宇宙」「生物」「ウイスキー」「コーヒー」なんかの本はついつい買ってしまう。人工的要素が強すぎる都市型環境の中で、生活に関わる安全保障の全てを外部に依存していると、ちょっとずつ生きている実感そのものが乏しくなる。気がついたらクルマ・・・これがあれば、ちょっとは生命力を取り戻すことができる気がする。AM3時に動き出すと、暗い景色を見つめながら考えることもできる。

 

 

MAZDAとPORSCHE以外はクルマではない・・・

便利さだけを追求する生き方に疑問。自動車の科学的な要素に触れられるマシンが欲しい。「人馬一体」というMAZDAのスローガンは、額面通りなのか!?とかいう議論ではなく、間違いなく愚かな都市住民を背後から串刺しにしている。核心に近いクルマが欲しいならMAZDAへどーぞってことだ。夢遊病患者みたいな都市住民を救ってくれるのは、いまだにMAZDAとPORSCHEだけだと思う。とりあえずこの2つのブランドが無くなったらクルマへの興味もなくなるだろう・・・。

 

 

「三宅坂のアテンザ」

 

 

 

 

最新投稿まとめブログ

コメントをお書きください

コメント: 7
  • #1

    Ueda (火曜日, 19 2月 2019 12:21)

    あなたの言うこと、何となく分かります。
    今までよりも、ずっと分かりやすかった。
    10年まえにプレマシーを買ってからマツダから離れられなくなった。それまではスバルだったんですけど。

  • #2

    マツダは5台通算18年乗ったよ (火曜日, 19 2月 2019 13:12)

    製品のできと商品力の高さは比例しないという一点が、あなたの言う世間のバカとの間にある最大の段差ですね。

    商売とはそこのところに神経を集中することが最重要項目の一つなので、逆に言うとあなたのいうBMWスバルは商売上手で一枚上手の商売人といえるのです。

    世の中複雑で腑に落ちないことばかりですよホント。

  • #3

    あいち (火曜日, 19 2月 2019 14:18)

    ほとんどの人に「高いは偉い」という錯覚がありますよね。
    (私も多少の心の戦いがあります(笑))
    そうは言っても、マツダが急に値段を上げても「マツダに〇百万は出せないw」と言うのだと思いますし、「レクサス(ベンツ)乗ってるんだ、すごいね!」の「レクサス(ベンツ)」が「マツダ」に置き換わる世界があったとしたら、自分も素直にマツダ好きかどうかは判りませんが。(単に天邪鬼かどうか…)

    ポルシェはそこを両立している所、やはりさすがなんですかね。
    お金持ちアピールにはまったくなっていないところがマツダウォッチャーとしては面白いですし、貴ブログが大変興味深い所以だと思います。

  • #4

    CARDRIVEGOGO (火曜日, 19 2月 2019 23:53)

    みなさまコメントいただきましてありがとうございます。

    MAZDAオーナーの皆様に「そーだよね!」と言って頂けることがやっぱり一番うれしく思います。MAZDAにいよいよ勢いがついてきて当ブログを読みにきてくれる人が年明けかさらに増えたようです。今後ともみなさまに喜んで頂ける記事を書いていきたいと思います。お気付きの点がありましたら遠慮なくどうぞ。

  • #5

    I (水曜日, 20 2月 2019 19:00)

    今年からMAZDAのデザイナーになる予定の者です。いつも楽しく記事を読ませていただいています!
    これからも頑張ってください!!

  • #6

    CARDRIVEGOGO (金曜日, 22 2月 2019 22:05)

    おー!すげー! 素晴らしいデザインを期待します。こんなクソブログの意見など無視してエゴ丸出しのいいクルマを作ってください!!

  • #7

    ガガミラノ コピー (月曜日, 20 5月 2019 12:37)

    ファッションスタイルとして存在感があるガガミラノ コピー http://www.hxqiu.com/?brand-155.html のレディース腕時計は数字とデイト表示で、丸い文字盤にダイヤモンドも付き、存在感がありますね。ブランド コピー 優良 店 http://www.hxqiu.com/ 青ベルトで、ビジネスファッションはもちろん、カジュアルさにも合わせやすいです。
    http://koretemplates.com/ supreme コピー